内視鏡の医師の検査方法って?

内視鏡医師TOP >> FAQ >> 内視鏡の医師の検査方法って?

内視鏡の医師の検査方法って?

主に人間の消化器の健康について非常に大きな役割を果たすようになった内視鏡ですが、主に胃内視鏡と大腸内視鏡の2種類に分かれることが多くなります。この2つの内視鏡検査の方法ですが具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

まず、胃内視鏡の検査方法になりますが、通常は検査当日の食事は摂ってはいけないことになります。ただし、検査の時刻が午後に行われるのであれば、ギリギリ朝の食事が問題ないこともありますが、通常は朝食を摂らないことが一般的なようです。

胃内視鏡の検査は内視鏡を口から若しくは鼻から挿管することになりますが、挿管方法は医療機関によって異なってくるようです。通常口から入れるのが正常な挿管方法と言えますが、患者によっては負担を感じることもあるので鼻からの挿管を認めているところがあるようです。 ただし、鼻からの挿管は推奨されるものではなく、それは挿管中に鼻の中の粘膜を傷めることもあるからと言われています。

通常、胃を膨らませるための液体を飲んだ後に胃内視鏡の場合は麻酔のうがいを行うことになります。これにて、口からの挿管が比較的スムーズに行われることになります。さらに患者によっては、麻酔注射を行うこともあるでしょう。その後、いよいよ胃の中を内視鏡にて検査を行っていくことになります。

また、多くの方は胃内視鏡と同時に大腸内視鏡の検査を同意に行うことになります。この場合には、専用の検査衣を着ておかなければなりません。そして、これは肛門部がファスナーで開くタイプとなります。

さて、大腸内視鏡の検査は内視鏡を肛門から挿管することになって行きます。もちろん、麻酔注射を打って行うことになるのですが、大腸検査の場合は挿管の際に大腸を曲がって行かなければならないためにカーブ時に若干の痛みが発生することになります。

この大腸内視鏡ですが、検査当日が午前中に行われる場合には前日夜9時までに軽い食事をすませ、早朝から下剤を2リットルほど飲んでいくことになります。そして。検査前までに便がすべて透明になるように処理していかなければなりません。 内視鏡の医師にとってはこれが最も良好な状態であり、内視鏡の検査が最も良い結果で出てくることが期待できるのです。

そんな内視鏡の検査を上手く進めて行くための環境を持つ職場へのキャリアアップを行っていく場合には、高効率を重視するために求職エージェントへの無料登録を進めて行くことが宜しいでしょう。

内視鏡医師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 内視鏡医師募集ナビ All Rights Reserved.