内視鏡の医師って各医療機関でレベルがバラバラって本当?

内視鏡医師TOP >> FAQ >> 内視鏡の医師って各医療機関でレベルがバラバラって本当?

内視鏡の医師って各医療機関でレベルがバラバラって本当?

日本における消化器官の治療において発展著しい内視鏡治療ですが10年前と比べますと内視鏡の自体の性能も上がり、サイズもコンパクトになったことでそれまで大規模な医療機関の専売特許だったのが小規模なクリニックにおいても一定の治療レベルが維持できるようになりました。

しかし、それでも内視鏡の医師における各医療機関のレベルというのは非常にバラバラであると言われています。基本的に内視鏡で治療を行っている消化器系の内科及び外科クリニックは、その使用している医療設備もそれほど水準が異なっているわけではありません。

そんな中で医療機関特にクリニック間の医師レベルの差を大きく左右しているのが、医師人材の上手く配置できているか否かという点になって行きます。基本的に、日本における医師の人材はどの診療科であるかを問わず高齢化も進んで人材難が進んでいる状況なので、内視鏡を扱う医師も決して人材が充足している状況とは言えないのです。

それでは、各クリニックがどうやって毎日の医療業務を維持するために医師人材を確保できているかというと、そのほとんどが大学医局からの医師の派遣にて上手く難局を乗り切っていると言われています。

特に、クリニックの院長が出身大学の医局に対してある程度の発言権と教授との良好な関係を持っているならば、優秀な人材の定期的な派遣はそれほど難しくありません。その反面、開業している場所が出身大学の所在地とは異なっている場合は、医師の人材不足に際して解決が非常にしにくい面が大きく露呈して行くことになるでしょう。

それでも、クリニック自体の評判が非常に高くて院長自身も優れた医師である場合は、口コミで優秀な医師が集まってくるようになります。いずれにしても、クリニックにとっての大きなカギは院長がどのようなタイプの医師かということに尽きるのです。

よって、医師と言うのは医療人としてのレベルと上げていくのはもちろんのこと、色んな医師とも交流や情報交換を積極的に行っていくことが自らのクリニックにも大きく影響を及ぼしてくることになってきます。これは決して内視鏡の医師に限ったことではなく、すべての診療科の医師の資質に共通してくることと言えるでしょう。

その他、内視鏡の医師としてレベルの高い医療機関へとキャリアアップしていくのであれば、ぜひ転職エージェント等のネットサービスに無料で情報エントリーを進めて行くことにしてください。

内視鏡医師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 内視鏡医師募集ナビ All Rights Reserved.