内視鏡の医師の常勤求人は?

内視鏡医師TOP >> FAQ >> 内視鏡の医師の常勤求人は?

内視鏡の医師の常勤求人は?

人間の内臓治療に新たな1ページを作ったと言われる内視鏡、昔の内視鏡と言えば管が非常に太くて飲み込むだけでも涙が出るほどきつかったものです。ところがこの10年で内視鏡もその取扱い技術も向上し、内視鏡の専門医師への需要も高くなっています。

当然ながら、多くの医療機関では内視鏡治療の専門医資格を持った医師を入れたいと考えているケースが非常に多く、もし専門医の資格を持っている場合ですと1,800万円から2,000万円の高収入を得られるケースも決して珍しくありません。

また、専門医としての資格を持たなくても良いのですが、多くに医療機関で内視鏡の経験が3年から5年以上求めていることも非常に多くなっているのです。内視鏡の検査と言うと非常に問題が少ないように思えますが、挿管の際に呼吸困難に陥ったり麻酔をかけている最中に血圧が下がってショック死したりするケースも毎年出ています。

そのため、どの医療機関も未経験による入職についてはかなり消極的で、医療ミスにより訴訟を非常に恐れていると言うことが理解できるでしょう。

都会や地方に関係なく様々な医療機関で募集されている職種と言うことができますので、今後も内視鏡に治療を行っていきたいという医師であればいろんな職場が選べるメリットがあると言えるのです。全国的に多くの医療機関にて万遍なく人材が不足している職種であるがために、Uターンなどで地元に帰らなければならないときや逆に新たな土地で活躍してみたい時などの場合に非常に有利な診療科であると言えるでしょう。

また、意外に思われるでしょうが内視鏡には消化器におけるものだけでなく、脳神経専用の内視鏡と言うのも存在しています。一般的に内視鏡の専門医と言われる医師は消化器に関するものになりますので、脳神経の内視鏡を扱うことは非常に難しくなります。

通常、脳神経の内視鏡を取り扱えるのは高い専門知識と手技を中心とした外科手術を持つ脳神経外科の医師と言うことになって行くでしょう。これは脳腫瘍の摘出や水頭症などの治療など非常に難易度の高い手術に使用されることになるでしょう。

さて、そんな消化器での内視鏡治療の医師に関する常勤求人のキャリアアップを行っていくのであれば、ぜひ転職エージェントのようなネットサービスへの無料情報エントリーを行っていくことにしましょう。担当してくれるエージェントは全国における職場の紹介をしてくれますので、積極的に転職歳についての要望を上げることにしてください。

内視鏡医師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 内視鏡医師募集ナビ All Rights Reserved.